政治

木下富美子都議の経歴を調査!若い頃は博報堂勤務で職場での評判は?

木下富美子都議

東京都議会議員の木下富美子さん。先日4ヶ月ぶりに公の場に姿を現し話題になっていますね。

木下富美子さん東京都議会議員としてのキャリアはどれほどで、若い頃はどんな仕事をしていたのでしょうか?

今回は、木下富美子都議の経歴と、若い頃勤務していた博報堂でのトラブルなどをリサーチしました。

 

木下富美子都議の経歴は?

木下富美子都議

東京都議選の選挙期間中に無免許運転で事故を起こし、しばらく雲隠れしていた木下富美子都議。

4ヶ月ぶりに公の場に姿を現し会見をするも、辞職しない意向を示し、議員や世間の批判を浴びていますね。

 

木下富美子都議は、どんな人なのでしょうか?

これまでの木下富美子都議の経歴をまとめてみました。

 

木下富美子都議の学歴

木下富美子さんは愛知県名古屋市出身。

1966年生まれの55歳です(2021年現在)。

 

木下富美子都議の学歴をみてみましょう。

  • 名古屋市立富士見台小学校
  • 名古屋市立千種台中学校
  • 名古屋市立向陽高等学校

を卒業。

1985年に東京外国語大学スペイン語学科に入学。

その後1年間休学し、スペイン・マドリードでスペイン語やスペイン文化を学び、通訳案内士(英語)の資格を取得しています。

 

大卒後の経歴

続いて職歴です。

 

木下富美子さんは、

  • 1990年に株式会社博報堂に入社
  • 4年目から香川県高松市に転勤
  • 出産・育児休業を経て広報室に復帰

その後、

  • 地球温暖化対策国民運動「クールビス」キャンペーン
  • 地域ブランディングを専門とする「地ブランド」プロジェクト
  • 女性の活躍促進政策、ダイバーシティ政策の企画立案

などの仕事に携わっています。

 

そして、2016年以降は政治の世界に。

  • 2016年には小池百合子都知事主宰の政治塾「希望の塾」に入塾
  • 2017年、東京都板橋区選挙区より東京都議会議員選挙に立候補し当選・都議会議員就任

都民ファーストの会東京都議団副幹事長、都民ファーストの会東京都議団副政調会長、東京都議会総務委員会委員、東京都動物愛護審議会委員、東京都中小企業対策審議会委員として活動

 

木下富美子さんは、2021年7月の東京都議会議員選挙に立候補、再選を果たします。

しかし、選挙期間中に無免許運転事故を起こしていたことが発覚し、都民ファーストの会を除名処分に。

 

その後、木下さんは東京都の臨時会を何度も欠席するなど、雲隠れ…。

都議会で2度の辞職勧告が出ていますが、辞職を拒否し、現在に至っています。

 

木下富美子都議の若い頃の仕事の評判は?

選挙期間中に、事故を起こしていたにも関わらず公表せず当選。

 

さらに、議員でありながら説明責任を果たさず、雲隠れし辞職も拒否するなど、

ちょっと常識外れでは…?

と思える行動をとる木下富美子都議ですが…。

 

木下富美子都議の若い頃はどんな方だったのしょう?

 

博報堂での働きぶりについて評判は賛否わかれている?

では、博報堂勤務時代の木下富美子さんの仕事の評判をチェックしてみましょう。

 

博報堂時代、官庁の仕事を担当し、内閣府にも出向経験がある木下さんですが、

「博報堂では官庁を担当する人は傍流」との情報も。

木下氏は若い頃に香川県に勤務、ウィキペディアでは「同社における女性転勤の先駆」などと好意的に記述されているが、前出の人物は「博報堂は東京の仕事が圧倒的に強い会社なので地方転勤は、大阪ですら左遷に近いのが実情」なのだという

引用:SAKISIRU

 

一方、木下富美子さんについて、「仕事の評判はよかった」との声もあるようです。

「まだ男女雇用機会均等法が施行されてからそれほどたっておらず、それまで総合職で女性を採ってこなかった博報堂では、風当たりが強いこともあったと思いますが、よく仕事をしていました」

引用:FLASH

「香川県への転勤を経て、入社10年めの1999年、シングルマザーとして育休から復帰。女性のあいだでも、進歩的な考えを持った人物だと、目標のような存在に思われていたこともありましたよ」

引用:FLASH

 

博報堂で上司に逆ギレ?

若い頃の木下富美子さんの仕事ぶりについて「博報堂での評価は微妙」「優秀な女性だった」と他者からの意見はふたつに分かれているようですね。

 

そんな木下富美子さん、博報堂勤務時代には、上司にミスを注意されて

「そんな細かいことはいいじゃないですか!」

と逆切れすることもあったとの話です。

 

「脇が甘いというか、優秀ではあるのですが、仕事中もミスや抜けが多かったですね。私がミスを注意すると、『そんな細かいことはいいじゃないですか』と言っていたのを思い出してしまいます。もう少し謙虚であってくれれば、と何度思ったことか」

引用:FLASH

トラブルとまではいきませんが、豪放磊落の一面もあり、それがマイナスの方向に働くこともあったみたいですね。

 

都議会議員になる前は、優秀な大学を卒業し、大手企業での勤務経験もある木下富美子都議。

今回、辞職せずにこのまま議員を続けることになるのでしょうか?

 

木下富美子都議の進退が気になりますね…。

こちらもCHECK

-政治

© 2021 tsumuji note.