エンタメ 音楽

反田恭平と父の確執エピソード!ショパンコンクール入賞で完全和解?

反田恭平

2021年に開催されたショパンコンクールで、見事2位に入賞した反田恭平さん。

本格的にピアノを始めたのは12歳の頃ですが、反田恭平さんの父親はピアノに反対だったそうで不仲との噂も。

理由やきっかけは何なのか、また反田さんと父親のエピソードをまとめました。

 

反田恭平の父親は憲秀さん!職業は?

反田恭平

「サムライ」の愛称で知られるピアニスト反田恭平さん。

北海道生まれで、東京出身。

ピアノを本格的に練習し始めたのは12歳と、ピアニストとしてはちょっと遅めのスタートです。

 

そんな反田さんの父親は、反田憲秀さん。職業はサラリーマンです。

そして、母親は専業主婦とのこと。

意外にも音楽一家出身ではなく、むしろ音楽とは無縁な家庭で育ったみたいですね。

 

そんな反田さんが、ショパンコンクールで2位入賞を遂げるほどのピアニストになった背景には、どうやら父親への反発があったようです。

 

反田恭平と父親の会話エピソードまとめ

反田恭平さんが音楽に興味を持ったのは、4歳のころ。

お母さんがエレクトーンで弾いた「ミッキーマウス」を反田さんが見様見真似で演奏。その様子にお母さんがびっくりして、音楽教室に入れよう!となったそうです。

 

しかし、お父さんは音楽やピアノに無縁の方で、反田さんがピアニストになることをずっと反対されていました。

これまでに、反田さんがメディアのインタビューで語られた、父親とのエピソードをまとめてみました。

 

ショパンに父親がびっくり!

反田さんが家でショパンを弾いていたら、父に「なんだ、この汚い曲は!」と言われたそうです。

父の耳だと、長音以外の音や不協和音は全て“汚い”音と捉えられるようでした。なので、子供の頃から両親にピアノの指導はもちろん、楽典やソルフェージュ(聴音)、和声の手ほどきを受ける環境とは無縁でしたね。ごく普通の家庭で育った男の子でした。

引用:HIGHFLYERS

 

音楽高校への進学に反対!確執の発端はホットケーキ!?

12歳のときに、クラシック音楽が好きだと確信し、ピアノを本格的に学ぼうと決めた反田さん。

ピアニストを目指したいと父親に話したところ反対されたそう。

それも、ホットケーキが発端となり、その流れで反対されたようです。

父との確執の発端が、本当にくだらないのですが、母の焼いたホットケーキなんです。僕が大きめのホットケーキを取ったのが原因で、ちょっとした喧嘩になりまして。その流れで父に「音楽系の高校には入れさせない」と言われたんです。

引用:HIGHFLYERS

でも、一緒にホットケーキ食べるなんて、ちょっとほっこりしますね。

その後、

音楽高校に行きたかったら、中学3年生までにコンクールで、一位を取ってきなさい。

といわれ、

反田さんは、半年の短期間で出場できるピアノコンクールを探し出して片っ端から出て、すべて1位を取って見せました。

それで渋々認めてもらったそうです。

 

音大への進学にも反対

「高校までは学費を払う」と言っていたお父さん。

反田さんが高校3年のとき、大学についてお父さんに尋ねると、

普通の大学に進学するならまだしも、音楽大学には行かせない」と言われたそう。

「コンクールで1位をとらなければ音大への進学は許さないと言われ、自分で必死に限られた期間内に受けられるコンクールを探して、なんとか1位をとったんです」

引用:HIGHFLYERS

このコンクールというのが、第81回日本音楽コンクールのこと、高校生の優勝は11年ぶりでした!

 

人生の岐路に立つたび反対するお父さんですが、その反対がきっかけで反田恭平さんがコンクールに出場し、実力を発揮していったことも確かなようですね!

反田恭平と父親はショパンコンクール結果で完全和解?

エピソードを振り返ると、ちょっと一癖ありそうなお父さん。

 

それでも、2015年のCREAのインタビューで、父親について反田さんは次のようにコメント。

今でも全面的に賛成してくれているわけではないんですが……僕が載った音楽雑誌の記事は結構見てくれているみたいです。

引用:CREA

お父さんは、反田恭平さんのご活躍を見守っているご様子ですね。

 

『全面的に賛成してくれているわけではない』と反田さんは語られていますが、

本当は、もうとっくに反田さんを認めて応援しているのだけど、昔猛反対した手前、素直になれていないだけかもしれません。

 

または、反田さんの原動力になるようにと、敢えて認めていないふりをしているのかも…!

 

今回のショパンコンクールで2位に入賞し、ショパニストとして、これからのさらに大活躍の反田恭平さん。

これだけの実績を出せば、お父さんもピアニストとして認め誇りに思うことでしょう。

反田恭平さんと父親のエピソード。最新情報を反田さんがどこかで語ってくれるのが楽しみです。

こちらもCHECK

-エンタメ, 音楽

© 2021 tsumuji note.