エンタメ 音楽

「夜に駆ける」MVの規制理由は歌詞と映像?過去の放送禁止曲も

YOASOBI夜に駆けるMVの規制理由は?

人気音楽ユニットYOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」のMV(ミュージックビデオ)がYou Tubeで一時規制される状態となり話題になりました。

すでに制限は解除されましたが、規制の理由は何だったのでしょう

また、過去に放送禁止した曲もリサーチしてみました。

 

YOASOBI『夜に駆ける』MVがYouTubeで規制対象に!

 

YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」はYouTubeで2.2億回再生を記録している人気曲ですが、5月30日から5月31日にかけて、

「次のコンテンツは、一部の視聴者にとって攻撃的または不適切な内容を含んでいるとYouTubeコミュニティが特定したものです」

という注意書きが表示されるという規制のかかった状態になりました。

 

ただ、全く曲が聴けないわけではなく、

「理解した上で続行する」

というボタンを押せば視聴は可能でした。

 

なので、これは13歳未満の小学生など一部のユーザーが視聴できないという規制だったということです。

 

 

『夜に駆ける』が規制されたのはなぜ?理由は?

「夜に駆ける」が規制された理由は何だったのでしょう?

紅白歌合戦をはじめ、テレビでも大々的に流されていますし、林先生の子供も聴いてるって初耳学でも言われてましたよね。

実際に「夜に駆ける」を好きだという子どもはたくさんいると思います。

 

規制の理由は原作小説「タナトスの誘惑」に沿った歌詞と映像?

理由に関して、SNSでは次のような意見が…。

 

 

 

SNSでの意見からも歌詞や映像の内容に原因があると考えられます。

 

『夜に駆ける』は、「タナトスの誘惑」という原作小説を題材にした楽曲で、歌詞や動画の映像も原作小説のテーマを匂わせるものであることは否めません。

ただ、今更感のある規制だと感じた方も多いのではないでしょうか?

 

この時点での規制の理由は、一部の視聴者から「子どもが視聴するにはふさわしくない」との苦情が来て、You Tubeがそれに対処するかたちでとられた制限だったのかもしれません。

 

YOASOBI公式Twitterのコメント

規制の理由に関しては公式に発表されていませんが、YOASOBI公式ツイッターでは次のようにコメントがありました。(5月30日)

「夜に駆ける」規制の件、ご心配をおかけして申し訳ありません。Googleさんともお話合いしているので、見守ってていただけたら幸いです。

 

制限解除後(5月31日)は、

「夜に駆ける」制限の件、お騒がせいたしました。無事解除いただきましたので、これからも末永くよろしくお願いします。

 

話し合いの後解除されたとは、You Tube側が、この動画は不適切ではないと改めて認識したのということでしょうか

 

YOASOBIと言えば、TikTokなどのSNSで話題になり、そこからYouTubeやSpotifyなどのサブスクリプションサービスのプレイリストやランキングに入るようになり、人気が出たユニットですよね。

 

特に「夜に駆ける」は、YouTubeチャンネルの『THE FIRST TAKE』で動画をアップしたことが大爆発のきっかけになったような気がします。

 

そんな舞台で、規制がかかるというのは、対象が一部と言えどもやはりショッキングなことだったのではないでしょうか?

 

無事に解除されてよかったです。

 

 

過去に放送規制を受けた歌

You Tubeではありませんが、過去に放送が禁止または一部制限された曲を数曲ピックアップしてご紹介します。

 

ヨイトマケの唄(美輪明宏)

ヨイトマケの唄

美輪明宏さんの代表作である名曲ですね。

現代でこそ、有名アーティストによるカバーもされていますが、日雇い労働者を指す"ヨイトマケ"という言葉が原因で発表当時はメディアに放送を避けられたそうです。

 

自己嫌悪(井上陽水)

自己嫌悪

日本音楽史上初のミリオンセラーを記念したアルバム「氷の世界」に収録されている楽曲です。

この楽曲で用いられた"めくら"という歌詞が問題として、しばらく放送自粛されたそう。

 

セーラー服を脱がさないで(おニャン子クラブ)

おニャン子クラブ

こちらおニャン子クラブを代表する楽曲ですが、そのタイトルの歌詞が少し問題ありということで、一部の放送局による放送時間帯の規制が行われたとか…。

 

特定の言葉や歌詞が問題となったものが多いようです。

今回の『夜に駆ける』の規制は、上記とは全く異なるものだという気もしますが‥

とりあえず、規制が解かれ、YOASOBIもファンの方も一安心ですね。

-エンタメ, 音楽

© 2021 tsumuji note.