エンタメ 俳優

平手友梨奈が「てち」なのはなぜ?あだ名の由来や名付け親を調査!

元欅坂46で女優の平手友梨奈さん。2022年7月スタートの話題ドラマ『六本木クラス』に出演するなど、活躍が目立ちますね。

平手友梨奈さんは、ファンの方から「てち」と呼ばれることが多いですがなぜなのでしょう?

「てち」というあだ名の由来や名付け親、また他の呼び方などもリサーチしました。

 

平手友梨奈はなんで「てち」?あだ名の由来や名付け親は?

平手友梨奈

2020年1月まで欅坂46の主要メンバーとして活動していた平手友梨奈さん。

 

美少年にも間違えられる程のクールビューティーが特徴ですね。

 

一見、とっつきにくく感じますが、彼女のあだ名は「てち」

クールな雰囲気で歌う平手友梨奈さんのイメージとは随分ギャップがありますね。

 

平手友梨奈さんの「てち」というあだ名の由来について調べてみました。

 

「てち」の由来は?

ツイッター動画で、本人が解説していますが、

「ひらてさん」→「てちこ」→「てち」となったようですね!

最初は、よそゆきの呼び方がだんだん打ち解けていく過程が見えて、微笑ましいです。

 

「てち」の名付け親は?

では、平手友梨奈さんを「てち」と呼んだ名付け親は誰でしょうか?

調べてみたところ、元欅坂46メンバーの齋藤冬優花さんが有力ですね。

 

 

齋藤冬優花さんは、平手友梨奈さんからふーちゃんと呼ばれています。

画像から覗える二人の関係性から、齋藤冬優花さんが名付け親と考えるのは、自然ではないでしょうか?

 

「てち」というあだ名はファンの間でも周知。

本人も「てち」呼びに全然抵抗ないようです。

思いもかけない人からの「てち」呼びには、困惑を笑いで誤魔化してい平手友梨奈さん。

簡単で親しみやすく、本人の外見といささかマッチしない面白さ。

「てち」の愛称は、平手友梨奈さんの活躍とともに万人が知ることになるでしょうね。

 

平手友梨奈の「てち」以外のあだ名とは?

平手友梨奈は演技下手?

平手友梨奈さんは「てち」の他にも、ユニークなあだ名があります!

 

ツイッターで見かけた平手友梨奈さんを「てっちゃん」と呼ぶファンの投稿です。

「てちもん」と使い分けて呼んでいるファンのツイッターもありますね。

 

2019年5月23日に出演したFMラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!GIRLSLOCK!」によると、

「おてて」
「ひーさん」
「ひーちゃん」
「てちまる」
「てつ」
「おてつ」
「ひちゃん」

というあだ名が挙げられています。

 

本人の言葉では、メンバーは「てち」呼びが普通。

バリエーションを増やしたのが、マネージャーさん。

 

どんな風に呼ぶのか、解説していました。

他にもこの番組のリスナーさんが、

「かわうそ」「ひー様」「ばぶ」「赤ちゃん」「おてて」

のあだ名を出して、呼ばれているのかを質問していましたね。

 

あだ名の多さは、平手友梨奈さん自身も認めています。

平手:えっと……、メンバーは普通に『てち』だと思うんですけど。マネージャーさんがいろいろ呼んでいます。まず『おてて』。あとは『ひーさん』、『ひーちゃん』。まぁ『てち』もいるかな? あと普通に『平手』もいる。あとは……『てちまる』、『てつ』、『おてつ』、『ひちゃん』もあります。

引用:exciteニュース

本人の預かり知らぬところで、どんどん膨らんでしまったのかもしれませんね。

ちなみに、「かわうそ」のあだ名は、元メンバー・石森虹花さんの提案とか…。

 

平手友梨奈のプロフィール

最後になりましたが、平手友梨奈さんのプロフィールをご紹介します!

平手友梨奈さん

平手友梨奈はなぜ人気?理由を調査

生年月日 :2001年6月25日
出身地: 愛知県
血液型: O型
身長: 163cm

最初に、2015年欅坂46の第1期オーディションを受けて合格。

デビュー以降、欅坂46のセンター位置をキープしてきました!

 

46人もいるメンバーの真ん中を維持するのは並大抵の事ではないですよね。

 

他のメンバーは仲間であると同時にライバル。

誰だって中心に立ちたい想いを抱えているはずです。

 

平手友梨奈さんのセンターに立つ覚悟が、こちらの動画からもわかりますね!

 

平手友梨奈さんは欅坂46でのアイドル活動を2020年1月で終了。

現在は、映画やテレビドラマにも活動の場をどんどん広げています。

  • 2018年9月公開映画『響 -HIBIKI-』で初の映画で主演。
  • 2021年1月公開映画『さんかく窓の外側は夜』にヒロイン役
  • 2021年6月公開映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に佐羽ヒナコ役
  • 2020年テレビドラマ『ドラゴン桜』シーズン2へ出演
  • 2022年テレビドラマ『六本木クラス』出演決定

 

平手友梨奈の演技は上手い

平手友梨奈さんの『六本木クラス』出演は、原作者チョ・グァンジンさんの推薦もあったそうです。

『響 -HIBIKI-』の映画を見た彼が葵役にピッタリと太鼓判を押したとか。

(参考:テレ朝POST)

 

海外の原作者から、自作品のリメイクに推薦されるとは、すごい!としか言いようがありません。

平手友梨奈さんの存在感が半端ないという証明ですね!

 

というわけで、今回は平手友梨奈さんのあだ名「てち」の由来をリサーチしてみました。

今後も俳優としての活躍が期待できる平手友梨奈さん。 応援しています。

-エンタメ, 俳優
-

© 2022 tsumuji note.