政治

河野太郎は英語力がすごい!スピーチでジョークも!おすすめ勉強法は?

2021-09-13

河野太郎の英語力がすごい

2021年自民党総裁選に出馬表明した河野太郎さん。

外務大臣も務めた経験のある河野太郎さんは、英語を流暢に話すことでも有名ですが、

河野さんの英語力ってどれくらいすごいのでしょうか?

今回は河野太郎さんの英語力について、スピーチ動画や留学経験などをチェックしながらご紹介します。

 

河野太郎の英語力がすごい!

河野太郎は英語が流暢と評判

河野太郎さんは、1963年1月10日 生まれの 58歳。神奈川県出身です。

 

現在(2021年9月)は、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種推進担当大臣として尽力されていますが、

2021年9月29日投開票の自民党総裁選にも立候補していますね。

 

そんな河野太郎さんですが、たびたび「英語力がすごい」と話題に…。

総裁選で選ばれれば、総理大臣に!

ということで、もちろん、海外での任務や外交など英語を話す機会が増えますよね。

 

河野さんの力がより一層発揮されるかもしれません。

 

ということで、さっそく河野さんの英語スピーチなどをチェックしていきましょう。

 

河野太郎の英語力がわかるスピーチ動画

河野太郎さんが英語を流暢に話す動画をご紹介します。

 

河野太郎の英語インタビュー動画

こちらは、BBCニュースのインタビューに答える河野太郎さん。

 

英語は流暢で、英語の質問にペラペラと答えていますよね。

 

インタビュアーから、

「米国に関する知識と流ちょうな英語力で、外務大臣に登用されたのでは?」

という質問がありましたが、

 

「お世辞ですね。」

と苦笑しながら返しています。

 

河野太郎は英語でジョークが言える

続いて、英語でジョークも言える河野太郎さんの動画。

 

防衛大臣として、アメリカのワシントンでの政策研究機関である「戦略国際問題研究所」で講演されたときのものです。

堂々たる姿でかっこいいですね。

 

聴講者が大爆笑しているのは、河野さんのジョーク

  • I was here I was foreign minister this time.
    (前回ここに来た時は、私は外務大臣でした。)
  • I came back as a defense minister.
    (今回防衛大臣として帰ってきました。)
  • maybe next year as a prime minister.
    (来年はおそらく総理大臣として…)
    (⇒笑いが起こる)

シンプルな英語で、英語が苦手な方にもわかりやすいジョークでしたね。

このジョークが真実となって、本当に総理大臣として再び同じ場所に立つことができるのか…?楽しみですね。

河野太郎の英語力に対する評価は?

河野太郎の英語力の評価

河野さんの英語力、個人的には、聴き取りやすくて流暢な英語だと思うのですが、客観的にはどのように評価されているのでしょう?

 

財経新聞のオンライン記事では、

『日本育ちなのに英語がペラペラな有名人7名』のひとりとして、河野太郎さんが挙げられていました。

 

この記事では、河野太郎さんほか6名について、

今回は海外育ちといった生まれつき英語を話す環境にあったわけではないにもかかわらず、英語が流暢に話せる

としており、

 

河野さんについては、『アカデミックな英会話も無難にこなす』と評していました。

 2020年6月現在、防衛大臣を務めている。彼の英語が流暢なのは知っている人も多いのではないだろうか。アメリカの大学に通っており、そこで英語を学んだようだ。政治家だけに知的レベルも高くアカデミックな英会話も無難にこなす彼だが、それでも外相会談の際は通訳をつけている。

引用:財経新聞

 

また、米国出身で4カ国語を操るコメンテーターのケビン・クローン氏が2019年に河野太郎さんの英語力を判定したところ、

「河野(太郎)外相は、発音は米国発音に近く、いちばん聞き取りやすい。ただ、アピール力で小泉氏がちょっと上。88点です。」

引用:Smart Flash

88点とは、かなりの高評価ですね!

河野太郎の英語力がスゴイのは留学してたから?

河野太郎さんが英語を話せるのは、学生時代のアメリカ留学の経験が大きく影響しているようです。

 

河野太郎の留学歴

河野太郎の留学歴

河野太郎さんは、1981年に慶應義塾大学経済学部経済学科に入学しましたが、なんと2か月で退学して渡米しています。

 

渡米後はこんな感じです。

  • マサチューセッツ州アンドーバーでサマースクール
  • コネチカット州のボーディングスクール
  • サフィールドアカデミー

で1年過ごし、英語を話せるようになる。

⇒1982年9月 ワシントンD.C.のジョージタウン大学に入学、比較政治学を専攻

⇒1984年 ジョージタウン大学を休学し、ポーランド中央計画統計大学(現ワルシャワ経済大学)に交換留学

⇒1985年1月 ジョージタウン大学に復学。

⇒1985年12月 ジョージタウン大学卒業。

アメリカだけでなく、ポーランドに交換留学で行っているのも興味深いですね。

 

渡米する際は、反対するお父さんを説得するのに苦労したようです。

 

河野太郎オススメの英語勉強法は?

河野太郎さんの応援YouTubeチャンネル『河野太郎のマインド』

 

上の動画では、

河野太郎さんが、留学せずに英語を上達させる方法の一例を紹介!

 

『ファミリータイズ』というアメリカのドラマを3回見る。

  • 1回目は 字幕なしで
  • 2回目は 字幕付きで観て内容を把握
  • 3回目は もう1度見て理解を深める

という内容でした。

 

ファミリータイズ(Family Ties) は、アメリカのテレビドラマシリーズ。コメディです。

1982年から1989年まで7シーズン、全176話が放映されました。(古いですね)

 

主演はマイケル・J・フォックスで、無名時代のトムハンクスやリバーフェニックスが出演しているみたいですよ。

ドラマ好きの方にはいいかもしれません。

河野太郎さんの英語力、かっこいいですね!これから英語力UPさせたい方は、オススメの勉強法、試してみてはいかがでしょうか?

こちらもCHECK

-政治

© 2022 tsumuji note.