スポーツ

川村あんり(モーグル)の両親はどんな人?出身や国籍は?ハーフっぽいと話題!

2022-01-25

川村あんりの両親は?

北京五輪のフリースタイル・モーグルの日本代表に内定した川村あんり選手。メダルが期待されていますね!

綺麗な顔立ちで、ハーフ!?という声もありますが、ご両親はどんな方なのでしょうか?

今回は、川村あんりさんの父親、母親について、また出身や国籍などをチェックしてみましょう!

 

川村あんりはハーフ?父親・母親はどんな人?

川村あんり

長年モーグルを引っ張ってきてくれた「上村愛子さん」が引退された後、しばし上村ロスの感があった日本のフリースタイルスキー。

 

そんな中、遂に登場してきました、新たなモーグル界のヒロイン川村あんりさん!

 

川村あんりさんは、現役高校生。

2018年「JOCジュニアオリンピックカップ」で優勝し一躍注目を浴びることとなります。

 

一見ハーフに見える川村あんりさんですが、

川村あんりさんは、ハーフではありません!

 

 

川村あんりさんのご両親について詳しくみてみましょう。

 

父親・修一さん

川村あんりさんの父親

 

川村あんりさんの父親は「川村修一(しゅういち)さん」

1965年5月30日生まれの56歳です。(2022年1月現在)

 

出身は北海道で、

元アイスホッケーの実業団「西武鉄道アイスホッケー部」でプレイをした後、

「SEIBUプリンセスラビッツ」のコーチに就任しています。

 

ちなみに現在はチームを離れて一般企業でお仕事されているようです。

 

母親・綾子さん

続いて、川村あんりさんの母親は「川村綾子(あやこ)さん」

生年月日は不明ですが、ご主人の修一さんの2歳下だそうです。

 

お母さんもお父さんと同じく元アイスホッケーの実業団「コクドレディース」でプレイをされ、

引退後は一時、選手の身の回りのお世話をするサポートスタッフをされていたとのこと。

 

ちなみに「コクドレディース」は後に「SEIBUプリンセスラビッツ」に改名していますので、

父・修一さんと母・綾子さんはここで出会ったのではないでしょうか?

 

川村あんりさんのご両親が純粋な日本人ということから、川村あんりさんも、100%日本人!

実はご本人のインスタグラムでも、

「no! I'm fully japanese」

と、はっきりと否定されています。

川村あんりはハーフではない

 

しかし、ハーフ説が出たことも分かります。

ホリが深いクッキリした顔立ちですし、英語が堪能なことからそんな風に思われたのでしょうね。

 

川村あんりの出身地は?

川村あんり

 

川村あんりさんの出身は東京都東久留米市ですが

新潟にいる祖父の元にスキーをしに行く事がきっかけとなり、新潟県南魚沼郡湯沢町へ引っ越しています。

 

小学校も当初は冬場だけ同校に通っていたようですが、

結果的には移住を決断し「湯沢学園」という小中一貫校に通いながらスキーの練習に励むことになります。

 

ここには母・綾子さんの親心が作用したようです。

 

幼少期からスキーが大好きな川村あんりさんの姿を見るにつれ、

「毎日楽しそうに滑っていたので思う存分やらせてあげたいな」という思いがあったようです。

結果的に中途半端になるより、ここ(新潟県)で安定した活動の拠点を築きスキーに取り組める環境づくりをしてあげたんですね。

 

現在は高校の都合もあり、東久留米へ戻っているようですよ。

 

川村あんりのスキーのきっかけは祖父!モーグルはいつから?

川村あんりさんのルーツを辿ってみましょう。

 

川村あんりさんがスキーを始めたのは、祖父の影響。

 

祖父が新潟県越後湯沢にリゾートマンションを所有しており、

そこへ遊びに来たことがきっかけのようです。

「きっかけはお爺ちゃんにスキー場に連れて行ってもらったことです。

子どもながらに楽しいと思うことがあり、現在も続けています。」

引用:JAしおざわ11月号(2018年)

 

その時、川村あんりさんは3歳、しかも4歳から既にモーグルを始めるという成長ぶりでした。

スキー愛好家であった祖父母、アイスホッケーの選手であった両親のDNAがこんなに素晴らしい形で受け継がれたんですね。

 

2012年に初めて出場した

「第12回埼玉県松之山温泉モーグル競技会」で、15位予選落ち

という成績が川村あんりさんの心に火を点けたのでしょうか。

 

グングン上達していき、6年後には優勝するまでに。

 

しかしここにはよくある「両親の教育」はありませんでした。

 

父・修一さんは幼い頃に川村あんりさんにスケート靴をプレゼントしていますが、そこには特に強い思い入れはなかったとのこと。

ただ、「スキーを選び始めたからには志高く取り組んでほしい」という思いはあったようです。

 

また母・綾子さんは、

「自分で決めたことだからやり遂げてほしい」

とだけ思って、影から応援しています。

 

一見ドライな考え方かもしれませんが、

「全ては本人の意志であり、心がけ次第」という結果が全てのアスリートが持つ基本的考えで

川村あんりさんを見つめているようです。

 

川村あんりのプロフィール&経歴

最後になりましたが、川村あんりさんのプロフィールと経歴を簡単にご紹介しますね。

川村あんり

川村あんり(フリースタイルスキー)

  • 2004年10月15日生まれ
  • 東京都東久留米市出身
  • 身長:153cm
  • 体重:47kg
  • RADTAKE、日体大桜華高 所属
  • 好きなもの:
    アニメ(ハイキュー、弱虫ペダル)
  • モーグル以外の好きなスポーツ:
    バレーボール、クロスバイク
  • 好きな食べ物:ドーナツ

 

主な戦績・経歴は、

  • 2018年JOC ジュニアオリンピックカップ優勝
  • 2019年W杯ルカ大会モーグル2位
  • 2020年全日本選手権モーグル優勝
  • 2020年、2021年シーズンW杯モーグル2位 2回
  • 2021年世界ジュニア選手権モーグル優勝
  • 2021年W杯スウェーデン大会優勝

 

未知なる可能性が開花し、これからが楽しみな逸材ですね。

 

北京五輪はもちろんの事、これから続く川村あんりさんの競技人生において、どんな姿を見せてくれるでしょう?

またひとり、見逃せないモーグル選手の誕生ですね!

 

こちらもCHECK

-スポーツ

© 2022 tsumuji note.