エンタメ 俳優

宮世琉弥はハーフではない!両親の国籍や出身地はどこ?本名や妹の情報も

宮世琉弥はハーフではない

最近ドラマや情報番組に出演するなど、活躍が目覚ましい宮世琉弥さん。

色白で目が大きいので「ハーフなの!?」との噂も耳にしますが、本当のところはどうなのでしょう?

今回は、宮世琉弥さんの国籍や出身地、また両親や妹など家族構成についてリサーチしてみました。

 

宮世琉弥はハーフではなかった!

宮世琉弥の本名と出身地

宮世琉弥さんは2004年1月22日生まれのAB型。

ドラマやCM、朝の情報番組などテレビで目にする機会も多くなりましたね。

 

目が大きくぱっちり二重で、鼻が高く鼻筋が通っているきれいな顔立ちなので、「もしかして、ハーフ?」と感じた方もいるのではないでしょうか?

 

結論からいうと、宮世琉弥さんがハーフだという情報は得られていません

 

宮世琉弥の本名は?

宮世琉弥さんの本名は、「亀井琉弥」といいます。

こちら↑は、本名で活動していたころの画像です。すごくかわいいですね!

 

「琉弥」という名前は本名で、三国志が大好きなお父さんが、琉弥玄徳のような人徳のある人間になって欲しいという願いを込めて命名したそうです。

 

芸名である「宮世」は、『宮城から世界へ』という意味を込めてファン1万件の公募の中から決定したそう!

どちらも素敵な名前ですね!

 

というわけで、「亀井」の姓と、出身地や家族構成についてみてみましょう。

 

宮世琉弥と両親の国籍・出身地は?

宮世琉弥はハーフ?

宮世琉弥(本名:亀井琉弥)さんの出身地は宮城県石巻市です。

宮城県は全国的に見ても亀井の姓の方が多い県であり、なかでも宮城県登米市と石巻市は県内TOP2に位置しています。

 

ご両親の情報は詳しく得られませんが、海外国籍という情報もないことから、

琉弥さん、ご両親ともに日本人⇒国籍は日本と考えられます。

 

子供の頃に震災を経験

また、琉弥さんは小学生だったころに石巻市で東日本大震災を経験しています。

お母さんと一緒だった際に地震が起きたそうですが、すごく揺れて、帰ろうとしたら津波が来て、車が流されて…とギリギリの状況を体験したそう。

 

 

芸能活動を始めたのも、震災の復興祭で、ももいろクローバーZ・百田夏菜子さんの活躍を見て感動したのがきっかけだったといいます。

その矢先に、たまたまスカウトされて芸能界に入りました。

 

琉弥さんの起動力のベースには震災の経験があるようですね。

 

メディアのインタビューでも次のように語っています。

僕の「宮世」という名字は去年ファンのみなさんからの公募で決めたんですけど、「宮城から世界へ」という意味が込められていて。この名字に負けないように、宮城のいいところをもっともっと伝えていきたいし、被災者のひとりとして3月11日に何があったのかをたくさんの人に伝えていけるよう、これから俳優の仕事に全力で打ち込んでいきます。

引用:BOYSぴあSelection

 

いつか主演男優賞をとりたいです。そしてその先の目標が、震災を描いた作品を作ること。

引用:Myojo2021年7月号

 

宮世琉弥の家族構成

宮世琉弥さんの家族構成は、ご両親と妹さんが3人の6人家族です。

 

また、お母さんと妹さんが動物が好きなので、犬4匹、カメレオン2匹、亀1匹(失踪中)もご家族の一員なのだそう。

 

素敵な家族ですね!妹さんが3人もいるなんて、美意識も自然と高まりそうです。

 

 

宮世琉弥の妹「伊達花彩」もハーフ顔!

宮世琉弥さんの妹のひとり、花彩さんも「伊達花彩」という名前で芸能活動をしています。

花彩さんもハーフのような顔立ち!

琉弥さんをそのまま女のコにしたのでは!?と思うくらいそっくりでかわいいですよね!

 

伊達花彩さんは、琉弥さんと同じスターダストプロモーションに所属しており、東北地方を中心に活動するアイドルグループ「いぎなり東北産」のメンバーでもあります。

 

いぎなり東北産といえば、指原莉乃さんが以前絶賛していたグループです。

「伊達」という芸名は、宮城県の仙台城を築いた伊達政宗から由来しているのでしょうか?

 

琉弥さんともに宮城への思いを芸名に取り入れたのかもしれません。

今後も兄妹そろっての活躍が期待できます!応援したいですね!

-エンタメ, 俳優

© 2021 tsumuji note.